taka33

口臭コラム

親知らずを取り払う

まず始めに、歯みがき粉を使用しないで念入りに歯ブラシでの歯みがき方法を習得してから、仕上げの折にちょっとだけ練りハミガキを取るとしっかり歯磨きができるようになるでしょう。歯周病やむし歯などがひどくなってから歯科に駆けこむ人が、大半を占めると...
口臭コラム

当の本人が気付かない内に

甘い物等をたくさん食べすぎてしまったり、歯ブラシでの歯磨きを手抜きすると、歯周病を引き起こす菌が増加してしまい、プラークが蔓延してしまい、挙句の果てには歯肉炎になってしまうとの事です。歯に付着する歯垢について、あなたはどれくらい分かりますか...
口臭コラム

実用範囲が特に広い歯科専用レーザー

先に口の中に矯正装置をはめこみ、一定の圧力を歯にずっと加えることで正しい位置に人工的にずらし、正常ではない歯並びや噛みあわせを治す手段が歯列矯正と呼ばれる施術になります。口腔内の状態はもとより、口以外の部分の健康状態も同時に、歯科医とゆっく...
口臭コラム

歯科で使われているエムドゲインとは

例えば歯冠継続歯が黄ばんでしまう主因に考えられる事は、さし歯の色自体が色あせてしまう、差し歯ではなく周りの歯が黄ばんでしまったという2側面があるとされています。自分でさえも気付かない内に、歯に裂け目が潜んでしまっている事態も考えられるので、...
口臭コラム

長い事歯を使っていると起きる不具合

長い事歯を使っていると、歯の外側を覆うエナメル質は密かに磨り減ってしまって弱くなるので、中の方にある象牙質自体の色が密かに目立ち始めます。口の開け閉めが原因の筋肉の緊張を少なくし、ひずんでしまった顎関節内を正しい値に治すリハビリを取り入れた...
口臭コラム

セラミック技法はさまざまある

それは顎を使うと同時に、顎の関節に異音が発生するもので、病状では非常に頻繁に出現しており、中でもなり始めの時に多く発生する顎関節症の特徴です。口角炎のきっかけの中でも特別うつりやすい状況は、親子の間の感染でしょう。これだけは、親の愛情がある...
口臭コラム

常識的に見れば医者の数が多い

ある研究で分かったのは、顎の関節がおかしいという自覚症状を認識していなくても、約4割の人が歯みがきをしたりする際に、これと変わらない音が発生することを知っていたようです。応用できる範囲がことさら大きい歯科専用のレーザーは、ラインナップも豊富...
口臭コラム

外科処置を行う口腔外科とは

下部に比べて、上部の親知らずは麻酔の効用が有効なため、抜歯をする際もほとんど痛さが伴うという実例が少なく、痛さを感じやすい方においても、手術は難なくできるのです。PMTCにより、普段の歯ブラシを使った歯磨きで完全に落とせない色素の沈着や、歯...
口臭コラム

病気や仕事等が原因

審美の方面でも仮歯は大切なポイントです。目と目の間をつなげる直線と前歯の先の並びが直線でないと、顔の全部が曲がっている印象を与えます。例えば差し歯が色褪せてしまう主因としてあげられるのは、歯冠継続歯自体の色が色褪せる、歯冠継続歯の周りの歯が...
口臭コラム

本来の歯の正しい噛み合わせ

本来の歯の正しい噛み合わせは、長時間噛む事で歯が摩耗し、各々の顎や顎骨の形に適した、自前の噛みあわせがやっと生まれます。歯科衛生士が在宅医療において必要とされるのは、最初に患者の口内を洗浄して清潔にすることです。患者の口のなかが不潔なままだ...
タイトルとURLをコピーしました